中学受験において難関校を目指す場合の考え方

中学受験では、総じて難しい問題を出す学校を目指すのですが、その中でも特に合格することが難しい難関校と呼ばれるところがあります。

難関校への合格実績(進学実績)は、優秀な受験生を集めたい塾にとっても大きな宣伝材料であり、上位校合格者数などの実績は壁などの目立つ場所に張り出されるのが一般的です。

そのため、塾選びでは、上位校へ多く送り出したところが人気になっていて、経営上の戦略として分かりやすく教えてくれる人気講師がいるなどのメリットを掲げています。

その子供の気性にマッチングした教え方や勉強法かどうかを別途考えなければいけませんが、ビジネスとして成り立つだけの実績があることは頼もしい限りです。

ただし、晴れて難関校の生徒になることは並大抵の苦労ではなく、我が子の学力で十分な見込みがあるかどうかを冷静に判断しなければいけません。

受験生が多く集まっている塾の中でも常に成績上位をキープしている人間が目指す学校ですから、他の志望校とはレベルが違う争いになります。

入学試験で出題される問題も、より複雑で難易度の高いものとなるため、基礎が出来ているだけでなく応用問題も楽しんで取り組めるくらいでなければついていけないでしょう。

また、それだけ受験生が憧れ、入学志願者数も多いという事は相当な倍率になることも覚悟しなければなりません。
第一志望校としている人が多ければ、辞退者も少ないため、補欠合格者も少なくなってきます。

中学受験において、なぜその学校に入学したいのか、という志望理由は受験でとても重要になります。

面接で聞かれるからという事ではなく、内部進学をしていくケースでは卒業してもその学校や同じ教育方針で過ごす時間がとても長くなるため、やりたい事や教育方針に合っているなど、入学してからの時間を有意義に過ごす事ができるようにすることが大切になるからです。

人気だから、御三家などと言われ有名だから、という理由だけではない理由で受験に挑む子どもは、やる気も違ってきます。

定期的に実施される全国模試の順位や偏差値などを参考にしながら、合格可能性が低くてもとにかく子供のやりたいようにやらせるのか、あるいは、現実的に通りそうな志望校に変更するのかという選択も、中学受験の戦略です。

親子の両方に大きな負担となる中学受験だけに、将来の大学受験も見据えて、合格発表日にどのような結果が出ても冷静にカバーできる考え方をしておく必要があります。

例えスタートが遅れたとしても、「中学受験に間に合わないのでは?」などと思わずチャレンジする気持ちが重要です。

もし第一志望の学校に入れなかったとしても、入試までの課程で努力や経験をした事は必ず今後に活かされます。
中学生になってからも人生の岐路は何度もあるので、親子の信頼関係を築きながらじっくりと歩んでいきましょう。