武蔵中学の中学受験について

勉強中学受験をする男子の中でも憧れは、御三家にはいることです。その中でも根強い人気になっているのが、麻布、開成、武蔵中学で御三家と呼ばれています。その中でも麻布と武蔵に関しては独特の教育方針もあってかなり人気になっているといっても過ぎではありません。特に、武蔵中学は入試の問題にも特色がかなりあるので、塾でも対策がむずかしい中学といわれています。
つまり偏差値が高いから、必ずしも合格が見込めるわけではないのです。いわゆる暗記をしたら合格できるとは限らない学校です。一般的な中学受験の場合、しっかりと暗記をやったり、ある程度の読解の力があれば合格点が取れるのが普通です。ただ武蔵中学の過去問題をみても暗記の知識で問題を解くというよりも、読解力のほかに独自の論理的に物事を理解して文章を書かせる問題が多いために、自分の考えをしっかりともっていないと歯が立たない問題ばかりです。
それは、学校や校長の意思である自調自考という学びの考えを、強く掲げている教育があるからです。逆にいうと入試の問題が解けるということが、入学してからも、中学生活の中で、楽しく学べる条件ということになります。かなり特色のある教育をやっていますので、興味のある生徒は、ネットで情報を集めてみるといいでしょう。校長先生の対談の様子はネットで紹介されています。
またホームページでも卒業生が武蔵を卒業してみての感想をホームページ上で載せていますので、それを利用をして読むといいでしょう。